このたび、2018年5月に川越東高等学校同窓会《ひんがし会》第4代会長に就任いたしました、鈴木和哉(すずき・かずや)と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 私は2002年3月に東高を卒業した第16期に当たります。今年(2018年)の4月に東高の門をくぐられた新入生が生まれた年に私が東高を卒業したことになり、時の流れの速さを感じるとともに、自分の卒業からそれだけの年月を経た今も、こうして母校・東高とのつながりを持っていられることに大きな喜びを感じます。こうした母校に対する想い、母校への愛着というものは、卒業からの年月に比例して強くなっています。
 さて、川越東高等学校同窓会《ひんがし会》は、今年(2018年)3月で発足から20周年を迎えました。《ひんがし会》とありますが、これは同窓会発足20周年を記念して付けられた愛称です。卒業生の方々から愛称を募集し、理事会で決定しました。卒業生の皆様には、同窓会をこの愛称で呼んでいただき、また、親しみを持っていただけるように活動を行っていきたいと考えております。以降、私も、《ひんがし会》と呼んでいきたいと思います。
 《ひんがし会》は、発足以来、母校の発展を願うとともに、母校と卒業生の橋渡し役や在校生への支援を基本として活動してきました。藤崎正悟・初代会長に始まり、吉岡伸浩会長、諸岡樹興会長と、代々受け継がれてきた活動の基本方針は今後も変わることはありません。学校や卒業生の皆様とともにある《ひんがし会》でありたいと考えております。最近では、一人でも多くの卒業生の方々に《ひんがし会》の活動を知っていただきたいとの思いから、広報活動を積極的に行い、《ひんがし会》の公式ホームページやブログ、Twitter、Facebook、LINEを開設しています。これらのSNSでは、《ひんがし会》の活動の報告などとともに、学校に関する情報もお伝えしています。多くの卒業生の方々にアクセスや「いいね!」をいただいております。引き続き、情報発信を行っていきます。
 卒業生の皆様に対しては、卒業生が学年の枠を超えて一堂に会し、親睦を深めるイベントである「同窓会」を開催してきました。これまでに3回開催し、すべての回に出席していただいた卒業生もいれば、初めての出席という卒業生も毎回おられ、さまざまな世代の卒業生が、それぞれが在学していた当時の思い出話やエピソードを語り合い、和やかでにぎやかなイベントになっています。さらに、学年単位やクラス単位、部活単位で、5名以上の卒業生による親睦のグループを支部として認可する支部制度を創設しました。支部で親睦会や懇親会を開催して、《ひんがし会》理事会までご報告をいただければ、支援金を支給させていただきます。
 学校や在校生への支援にも一層の力を入れており、《ひんがし会》発足当時から行われている、校舎壁面に全国大会に出場する部活動への懸垂幕の掲揚を年に2回行っています。また、最近では、全国大会に出場する部活動に対して激励金をお渡しし、在校生の活躍を応援しています。最近は、運動部・文化部問わず、東高の部活動の活躍がめざましく、激励金をお渡しする機会も増えてきていることは、《ひんがし会》としても、また、一人の卒業生としても、大きな喜びです。
《ひんがし会》はこれからも、活動内容や事業内容を見直しながら、卒業生、学校、在校生に向けて、情報の発信やサポート体制の拡充を進めていきます。
 東高を巣立った卒業生は、すでに1万5,000名を超えています。東高も、創立からまもなく35周年を迎えようとしています。さまざまな分野・業界で活躍されている卒業生もいれば、大学や大学院、専門学校などで勉学に勤しんでいる卒業生もいます。多彩、かつ、幅広い世代の卒業生がいるということは、東高にもそれだけの歴史や伝統が積み重ねられてきたということの証といえます。
 申し上げた通り、同窓会《ひんがし会》も発足から20周年を迎えました。母校とともに、そして、卒業生の皆様とともに、《ひんがし会》も歩みを進めていきます。今後も、《ひんがし会》をよろしくお願いいたします。

 ありがとうございました。



  • 会員相互の親睦を深め、母校の現状などをお知らせする目的で、会報を作成することにいたしました。この会報をご覧いただき、色々ご意見・ご感想をいただけたらと思っています。編集のお手伝いをしていただける方も募集していますので、学校の同窓会事務局(担当元田先生)までご連絡下さい。
  • 会報に載せる記事・原稿も併せて募集しています。また、原稿の依頼等ございましたら快くお引き受け下さい。
  • 同窓会は、卒業時に納められた同窓会費をもとに運営されており、出来る限り多くのみなさんの意見を反映させたいと思っています。
  • 住所の変更・宛先不明者の情報等がございましたら、同窓会事務局までご連絡下さい。お問い合わせフォーム


最近、川越東高校の事務局と称して、不当な形での電話による個人情報の問いあわせを行っているものがいるとのことです。
当方の事務室または同窓会事務局は、このようなことを一切しておりません。くれぐれも御注意ください。
また、卒業アルバムや卒業生の個人情報の引き渡しにあたる行為は、絶対おやめ下さるようお願い致します。


平成10年3月に「川越東高等学校同窓会貸与奨学金制度」の設立を目的として、元生徒会関係者により急きょ結成された組織です。
その後は、”同窓会名簿”の作成を皮切りに母校のクラブ活動の成果を称える垂れ幕作成等、微力ながら後輩達への応援を続けています。
今後も母校の発展のために少しでも協力できるよう、活動をしていきたいと思っています。ご指導をよろしくお願いします。